バカらしい、これはギャンブルなのか

競馬はスポーツでありますが、馬券はギャンブルということは間違いないでしょう。
ギャンブルなのですが、実際にはギャンブルとはいいがたい馬券が存在しているのをご存じでしょうか。それは複勝馬券というものです。複勝馬券という馬券はある競馬のレースである馬が1着から3着までに入線すれば払い戻しを受けられる馬券です。1着か2着か3着になる馬を当てればいいのですから、かなり当たりやすい馬券ということができるでしょう。実際に人気の高い馬で複勝馬券を購入すればかなりの割合で的中します。
しかし、すごい人気の馬であっても、3着までに入れないということはギャンブルな以上あり得る話です。いくら確率が高いといっても負ける可能性はあるのです。ところが、この複勝馬券の払い戻しは100円ということはかなり頻繁に出ます。特にかなりの投票を集めている馬が入賞すると100円払い戻しはかなりの確率で現れます。100円を賭けて払い戻しも100円であるということです。これはギャンブルなのでしょうか。一応はリスクを取ってある馬の馬券を買う以上はちょっとでもプラスアルファがないとやっていけないと思うのです。先ほども述べたようにギャンブルでありますから100円の払い戻ししか期待できない場合でも外れることはあるのです。バカらしいとしか言いようがありません。勝っても増えない、負ければ減るというかなくなるのです。
単勝馬券でも理論的には100円の払い戻しの可能性もないわけではありませんが、実際にはほとんど例はありません。控除率を考えれば、100円以下の配当の可能性もないではありませんが、これは競馬法で100円以下の払い戻しはできないことになっています。
バカらしい、複勝馬券でありますが、払い戻しをされるということは誰かがこのバカらしい馬券を購入しているということにもなります。いつも思うのですが、このような馬券を購入する人はいったいどのような人なのでしょうか。

SNSでもご購読できます。