ブラッドスポーツとしての競馬の魅力について

競馬はブラッドスポーツと呼ばれており、競馬のファンは血統的な面に惹かれてハマっている方も多いようです。なぜブラッドスポーツと呼ばれているかというと、競走馬であるサラブレッドは速くて強い馬を作り出すために品種改良が繰り返されているのですが、そういった馬を作り出すには血統が重視されるからです。
競馬のレースにおいて偉大な結果を残した競走馬は、親になった時に子供にその力を伝える能力を持っていることが多いのです。オスのサラブレッドの場合、現役時代に強かった馬は引退後に種馬として活躍することになります。現役時代にスタミナのある馬だった場合、そのスタミナが優れているという面が子供に伝わったり、あるいは瞬発力が優れていた馬であれば子供にも瞬発力が伝わるということが多く見られます。競走馬の能力だけではなく、骨格や気性なども遺伝して伝わることがあります。現役時代に小柄ながら強かったようなオスの馬は、種馬として父親になると小柄な馬が生まれることが多く、また気性が荒かったような馬は生まれてくる馬も気性が荒い馬が生まれる確率が多いのです。
もちろんオスの馬だけではなく、メスの馬も現役時代に強かった馬は繁殖入りすることになります。現役時代にあまり結果を残せなかった馬であっても、その馬の血統次第では繁殖牝馬として活躍が期待されます。また、現役時代に活躍していなくてもひとたび強い馬を産んだ繁殖牝馬はその後も強い馬を産む可能性が高いため、配合相手となる種馬はどれが選ばれるのかなどが話題になることもあります。
競馬を好きになると、ひいきにする馬が必ず出てきます。そしてその馬が引退したとしても、その馬の子供がまた活躍することもあるため、引退後には新たな楽しみが出てくるというわけです。最近引退しましたが、皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3つを勝つ三冠馬となったオルフェーヴルの人気は非常に高かったため、引退した後に種馬としてどれだけの強い馬が出てくるかを楽しみにしているファンは多くいるかと思います。また、馬の産地でも人気のようで、種付けの数もかなりされているようです。このように競馬の楽しみというのは賭け事だけではなく、引き継がれていく血統を楽しむというところにもあるのです。

SNSでもご購読できます。