大都市以外にも設置されている競馬場

競馬場というのは、どういう基準で設置されているのかなという感じがしますね。普通に考えれば人口が多い場所にあった方が色々な意味で好都合でしょう。少なくとも売り上げを考えればそういう事になるはずです。東京や大阪、名古屋等の事です。確かにこれらの街の中、或いはその直ぐ近くにあるのも事実なのですが、意外な事にそれ程人口が多くない地域にも存在しているのです。

福島とか新潟なんかは特にそうではないかと思います。それがいけない訳ではありません。むしろ、全国各地にある方が多くの人達が楽しめるので好都合でしょう。しかし、経営戦略という部分を考えると何故なのかと感じるのです。ただ、都市部にばかり集中させてしまうと不公平感が出るので、それを抑える狙いも多少はあるのかもしれません。私がもし地方在住だとしたら作って欲しい気持ちになりますからね。

あまりお金を掛け過ぎると配当金の額も少なくなると思うので、その辺りは考えものですが、理想を言えばもっと全国に広まって欲しいです。豪華な観客席とかではなくていいので、とりあえず作ってもらいたいですね。住んでいる場所によっては、これまで一度として馬が走っているのを生で見た事が無いと思うのです。これでは底辺の広がりも期待できないでしょう。テレビ画面では伝えきれない物が本物には存在してるのです。それを知ってもらうためにも何らかの対策をJRAにはとってもらいたいと思います。

そうすれば競馬のファンそのものを増やす事が可能だと思うのです。それに加えてやって欲しいのが初心者への説明会でしょう。競馬は知っている人とそうではない人の差が非常に大きい競技です。新しく来る人も用語などが難しくて理解できないためにやめてしまう例があります。それを防ぐためにも初心者に丁寧に教える講師の存在が必要だと思います。性別や各年代ごとに合わせて教える人達を育成しましょう。馬に比べればこちらの方が言う事を聞いてくれるので楽かと思います。

SNSでもご購読できます。