初めて競馬予想に参戦してみた結果は

先日、オーストラリアへ出張へ行く機会がありました。オーストラリアと言えば、オペラハウスやエアーズロック、それからグレートバリアリーフなど様々な観光名所がありますが、競馬好きにはたまらないメルボルンカップもオーストラリアで開催されます。毎年11月第一火曜日に行われるようですが、ちょうど出張時期と重なり、あまりの盛り上がりようにかなり驚きました。色々話を聞いていると、日本馬が2頭参戦するようなのですが、そのうちの1頭が競馬予想で一番人気だというではありませんか。日本でも競馬をしたことはなかった私ですが、これは参戦しないわけにはいかないだろうということで、競馬予想を片手に馬券を購入することにしました。

競馬はもちろん英語もイマイチわからないので、結局出張先の方に手伝ってもらったわけですが、メルボルンカップ当日は仕事も早々に切り上げ、3時から始まるレースをスポーツバーに観戦に行きました。サラリーマンと思われるスーツ姿の方たちでスポーツバーは賑わっていました。平日の午後という時間帯にも関わらずビールやワインを片手にはしゃいでいる姿は、日本では考えられないなと思わずにはいられませんでした。

午後3時、あまりの盛り上がりように驚きを隠せない私でしたが、最後はどよめきが起こったんです。一体何が起こったのだろうと思って連れてきてもらった方に聞いてみると、競馬予想では全く名前の挙がっていなかった馬が一等になり、その馬はなんと100倍だったそうです。日本でいうところの万馬券というものですね。しかも、メルボルンカップで初めての女性ジョッキーが優勝したということで、歴史的な快挙であるということで、盛り上がりはすごいものでした。

日本の競馬をあまり知らないので、日本の競馬事情と比べようのない私ですが、メルボルンカップは3200mという長距離を24頭立てで走るため、競馬予想に反した結果になりやすいそうなんです。競馬デビューが海外となった私ですが、競馬の楽しさみたいなものに開花してしまった部分が無きにしも非ずです。

SNSでもご購読できます。