比較検証を忘れない競馬予想のやり方について

 競馬で着実な回収率を見込むというのは、簡単なようで難しいことです。ビギナーズラックというものがあって、思わぬ小額馬券が大金に化けるケースもあります。しかし、そういうビギナーズラックにいつまでも頼りきっていては継続的な勝利を積み重ねていくことは叶いません。

 競馬に限らず、お金を賭ける時点で一つの投資として割り切って勉強することは大切なのです。調べていくとわかることですが、競馬予想というのは色々な方法があるもので、その中でも一番人気なのは過去のレースのデータを調べて、その傾向をデータとして残すデータ競馬です。それに加えて馬の過去のレースの結果や、人気投票や前評判と言ったものも、多くの人々にとって人気です。

 しかしながら、はっきり言って前評判というのは、少々のデータとしか参考ならない可能性があります。なぜなら、過去のデータはあくまで過去のデータであり、当日の馬の調子そのものにはまったくもって影響せず、その日のレースで潜在的な能力だとか過去のデータ通りの走りを馬がやってくれるかどうかは誰にもわからないからです。競馬予想のというのは、多角的方面から観察して検証していくことを決して忘れてはなりません。

 私自身も馬たちの過去のデータを鵜呑みにして、データ競馬などと銘打ってひたすら取り組んでいた時期がありました。しかしながら、そういったデータ競馬は思わぬところで裏切ってくる可能性があります。もちろんデータ競馬は使えるものですが、頼りすぎるのも良くないということです。データ競馬を活用した上で、バドックなどレース場の空気をいったものを感じることも忘れないで欲しいということです。

 全ての要素を加味した上で、競馬予想のロジックに組み込んでいく大切さを説いているということに気づいてください。そういった意味でも、バトックを余さずチェックすることで、馬たちの馬体そのものを綿密に見比べて、それぞれの優劣や立場をチェックしていくことは確実な意味を持って肝心なことなのです。

SNSでもご購読できます。