競馬では馬の距離適正を抑えておくことで稼げる

競馬において、馬券を当てる為のコツとして、馬の特徴を把握するということが重要になります。またこれを把握しておくと、単に馬券を当てるだけではなく、競馬で大金を獲得できる可能性も大幅に上がるのです。
具体的にどのような特徴を把握しておけばいいのかというと、まず第一にはその馬の距離適正だと思います。人間のアスリートでのあるのですが、馬にも短距離が得意な馬や、逆に長距離が得意な馬がいます。そしてその馬の距離適正に合ったレースに、きちんと出走しているのかどうかをチェックする必要があります。
さすがに高齢の馬になると、調教師や馬主などもその馬の距離適正を把握しているのか、その馬に合ったレースに出走しているのですが、若駒の頃はまだ把握していないからか、傍から見ていると何でこんなレースに出走しているんだろうという場合が多々あります。しかもクラシックと呼ばれる、特定の年代しか出走できないレースには、一生に一度のことだからか、距離適正を無視して出走する場合が多いのです。
ちなみにどうすれば距離適正が分かるのかというと、基本的にはその馬の両親をみればだいたい想像がつきます。競馬はブラッドスポーツと呼ばれるくらい、血統で決まるスポーツなので、短距離馬の子供は短距離馬、長距離馬の子供は長距離馬になる確率が高いです。あくまでも確率なので、たまに短距離馬の子供なのに長距離が得意などという場合もありますが、そういう場合は母の父が長距離馬だったりするので、そういうところに注意しておくと高配当が狙えます。
クラシックに距離適正を無視して出走させるのも、ひょっとしたら自分の馬はそういった距離適正が例外の馬なのではないかという、願望が含まれている場合が多いのでしょうね。ですが例外というのは滅多にないから例外なのであり、そういう馬は人気になって沈む場合が多いので、高配当を狙う側からすれば有難い存在です。
競馬では、こういった距離適正を抑えておくだけでも、十分に稼ぐことができるので、是非とも抑えておきたいです。

SNSでもご購読できます。