競馬に勝てない理由と負けない方法

競馬の収支で毎年黒字であるという人はまれでしょう。一年単位や短期間で勝っていることはあるでしょうが、長期に渡って勝ち続けるということは至難の業です。
競馬に勝てない理由は二つあります。
一つ目は競馬の配当金の控除率です。日本の競馬は馬券として購入した代金の75%から80%程度が配当金として払い戻されます。20%から25%の控除がされるということで、ギャンブルとしては致命的なテラ銭の高さといっていいでしょう。100円の馬券あたりの配当期待金額は75円から80円ということで、極端な言い方をすれば、100円の馬券を購入した時点で20円から25円分を負けていると言えなくもありません。安定的に勝つことが難しいことがすぐにわかります。他のギャンブルと比較してもわかりますがこの控除率の高さは群を抜いています。パチンコが10%程度、カジノが3%程度と言われています。
二つ目は競馬が好きだから勝てないということです。いくら控除率が高くとも、ある大穴のレースの馬券を的中させれた一時的には大きく勝てます。そして、そのようなことが連続して起こることもまれではありませんから、より大きく勝つこともないではありません。ただし、そこで競馬をやめることができればということです。一時的に的中しても、何回も馬券を購入している内に勝率は平均化されますから、結局はたくさんのレースを購入すれば大きく勝ち越した分が減っていきます。そしていつかまた負けの方が多くなってしまうのです。
このように競馬に勝てない理由があるのですから、負けにくくする方法はあります。控除率を変えることは不可能でありますから、馬券を購入すする場合には一発勝負をすることです。自分にとって自信のあるレースを厳選して、なるべく少ないレースに賭けられるすべての賭け金をかけることです。そして、賭けるレースを決めればそれ以外のレースに賭けることは絶対にしないことです。これで勝てるとは言いませんが、負けにくくすることはできると思います。

SNSでもご購読できます。