競馬の馬券の種類とそれぞれの魅力について

競馬は様々な楽しみ方ができるスポーツですが、やはり一番の醍醐味は自分が購入した馬券が当たるかどうかというギャンブル的な面ではないでしょうか。ここでは馬券を買ったことのない人に向けて、競馬の馬券の種類と馬券ごとの魅力について書いていきたいと思います。
まず押さえておきたい基本的なことですが、競馬はレースですので着順があるということです。そのうち1着から3着までが馬券の対象になります。ただし同着というケースがありますので、馬券の対象になる馬は3頭とは限りません。
まず1着を当てる馬券を単勝と言います。どの馬が1着になるかを予想して、その馬の単勝を買い、その馬が1着になると当たりになります。払い戻しはレース確定後に発表されますが、レース前にはオッズが発表されており、だいたいの払い戻しがわかるようになっているのでそれを参考にしながら馬券を購入します。たとえば単勝オッズが締め切り時に3.0の場合、買った金額の3倍のお金が配当として戻ってくることになります。馬券は100円単位で100円から買えますので、もし100円買っていれば3倍の300円の払い戻しとなり、200円のプラスということになります。単勝馬券は1着を当てる馬券ですので、馬券を買った馬が1着で勝つか否かというところで白熱することになり、魅力もそこにあると言えます。
馬券には他にも買った馬が3着までに入れば当たりになる複勝馬券もあります。これは比較的配当が低いものの当たる確率は高いため、1着はあやしいけど3着までには来そうな馬を選ぶ時に向いている馬券です。逆に人気はまるでないけど3着までだったら来る可能性があるのではないかという買い方もできますので、少し穴人気のような馬を買うのにも向いていますし、複勝の魅力はそこにもあると言えるでしょう。
他の馬券では、2頭を選ぶ馬連が人気です。選んだ2頭が2着以内に入れば当たりとなります。ただし1、2着の順位は関係ありませんが、1、2着を着順通りに当てる馬単という馬券もあります。確実に勝つであろうという馬がいる場合に、その馬を軸にして何頭かに流すという買い方もできます。2頭の組み合わせですので両方とも人気がない馬だとかなりの配当になります。他には枠で買う枠連という馬券もあります。
3頭の組み合わせで買う3連複、3連単という馬券もあります。これは3頭の組み合わせなので配当は高くなります。とくに3着までの3頭を着順通りに予想する3連単の馬券は配当が非常に高いため、競馬に夢を求める人には非常に魅力的な馬券と言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。