競馬の国際化をファンとして強く願っています

日本の競馬もここ最近はどんどん日本調教馬が海外に出走機会を求めてレベルアップをしていることがよくわかります。もちろん、資金面で海外に比べても余裕があるので世界から優秀な血統が日本の競走馬に集まってきて、その結果が出ていること、海外の調教技術や育成技術を取り入れて日本独自で発展してきていることも一つの要因です。しかし、今の日本の競馬は本当に国際化が進んでいると理解してもいいのでしょうか。わたしは本当の意味での国際化はまだまだ進んでいないと思っています。まずは競馬場の馬場状態です。基本的に日本の競馬はファンをあおるため、そして話題作りのために芝を軽くし過ぎてタイム重視です。もちろん、こうした馬場状態では競走馬のけがは増えるばかり。そして瞬発力勝負の競馬が増えることが多く、馬込みでの駆け引きや騎手同士の駆け引きも少なくなっていることが課題です。ですから海外のジョッキーが日本に来れば慣れない競馬場であってもその技術の高さで日本のジョッキーに勝ってしまうわけです。翻ると芝状態のおかげでジョッキーがおえなくても瞬発力で買ってしまうレース展開が多いわけです。こうなってくると調教技術、レベルが上がっている日本の競馬に海外の強い競走馬が挑戦しなくなってきてしまいます。競走馬の脚元を考えると日本の高速馬場は間違いなく悪い部分ばかりです。だからこそ、こうした馬場状態も国際的なレベルに合わせて、馬に優しい芝の状態をキープすべきだと思うのです。あまりにも傾斜しすぎているスピード馬場からの脱却が日本の競走馬のさらなるレベルアップに最終的にはつながるものだと私は信じています。そして、海外の挑戦する前に日本の馬場でレースを積むことで最終的には海外競馬にも強いレースができるというものです。逆に海外からも強い競走馬が国内に挑戦してくれることにもつながるでしょう。その時こそ本当に日本競馬の国際化ができたといえる時になるわけです。

SNSでもご購読できます。