競馬の予想スタイルについては人それぞれ

私にとって競馬はもはや趣味の範疇を超えてライフワークになりつつあります。もともとは友人に誘われて場外馬券場で馬券を購入して、それがたまたま的中したからそのままこの世界にはいってしまったというのが最初でした。ところがいつの間にかG1レースはすべて勝負、重賞はすべて勝負、最後には朝の未勝利戦からすべて勝負というくらいはまっていき、今ではすべてのレースに興味が出るくらいのレベルになってしまいました。
そしてその予想スタイルも少しずつ変わってきています。最初は新聞の予想通りに馬券を購入するしか方法がなかったのですが今では様々なファクターを自分なりに総合して馬券の購入を行うことにしています。まずは何といっても競争成績です。右回りが得意なのか、左回りが得意なのか不思議と傾向があります。また、競馬場の得手不得手や天候や馬場状態、もちろん、芝、ダートの得手不得手もあります。そして競馬の醍醐味は何といっても血統です。父親や母親、またはその上の代にさかのぼるまでチェックして当該馬の特徴を確認していくのですがそれがまた奥深くて面白いところです。わたしのように20年も競馬に携わってると思い入れの強い競走馬もいますし、その子供たちについてもどうしても応援したくなります。こういった場合は的中を目指すだけではなく、応援馬券の購入も行うことになります。
ここまでくると競馬ファンというよりも趣味の範疇を超えてライフワークといえるのではないでしょうか。今では月曜日から週間競馬誌の購入、金曜日土曜日には新聞を購入して予想にいそしんでいます。多いときには3場開催で36レースが開催されていますのでそれぞれのレースを深く検討していると全く時間がありません。それくらいの入れ込みようなので資金も必要になります。こうして築かれた予想スタイル。これからも磨きをかけては楽しんでいきたいと思います。毎週末やってくるレースが楽しみでなりません。

SNSでもご購読できます。