競馬とはそもそもどの様な競技なのか

男性はよく知っている人が多いでしょうけど、女性の場合は違います。競馬とはそもそも何なのか。それについて説明する事にしましょう。この競技の目的ですが、複数の馬を一斉に走らせて、その着順を予想するというものです。

ただ、プロ野球とは決定的に違う事があります。それはお金を賭けるという所です。最も低い金額は100円ですが、上は天井知らずになっています。1億円賭けてもいいのですが、さすがにそれは止めておいた方が良いでしょう。お金がいくらあっても足りなくなってしまいます。

それぞれの予想が一定になる事はありません。つまり、人気のある馬とない馬に大きく分かれるのが普通なのです。この時に人気のある方の馬が1着になっても、それほどのお金は戻ってきません。それとは逆の場合は大金が得られます。胴元は既に自分達の利益をそこから引いていますので損をする心配が基本的にはありません。利益を得てから、余分のお金を賭けた人達に対して再分配するという形になっているのです。

日本では明治時代から行われており、現在も続いています。彼氏や旦那さんで競馬に夢中になっているという人もいるでしょう。そうなると気になるのが儲かるのか否かという事だと思われます。これに関してですが、残念な事に期待はできません。先述したように最初の段階で胴元が一定額を引いていますから、再分配される額そのものがかなり少なくなってしまっているのです。

平均するとという話になりますが、損をする人達の方が多数です。予想するとは言っても所詮は動物の話ですから、どの様に動くかなんて結局は分からないのです。一見すると筋肉がどうとか、前のレースのタイムとかで予想ができそうなのですが、その日の馬の気まぐれで結果なんて大きく変わってしまうので意味がありません。まぁ程々であれば問題はありませんが、競馬に生活費をつぎ込んでいるようであれば止めさせておいた方が良いかと思います。

SNSでもご購読できます。