競馬予想は競馬観戦と同じぐらい楽しい

 休日にテレビで競馬を観戦したり、もしくは競馬場まで足を運んで生の競馬を観戦することがとても楽しみだという方も少なくないのではないでしょうか。かく言う私も競馬を観ることが大好きですし、若いころからずっと楽しみ続けている唯一の趣味と言っても過言ではありません。

 それほど競馬が好きな私が日ごろから思っているのは、もしかすると競馬予想は、競馬観戦と同じぐらい面白いのではないかということです。どの馬がハナを切るだろう、道中はどういう展開になるだろう、そして先頭でゴールするのはどの馬なんだろう。そんな独自の予想を頭に巡らせているだけで、期待に胸が高鳴ってしまうのは、おそらく私だけではないと思います。

 わかりやすく例えると、遠足の前の日のドキドキ感と重なる感じでしょうか。競馬予想の方法も、人それぞれ多岐に渡ると思います。必ず競馬場に足を運んで、パドックで入念に馬体を観察する方もいると思いますし、馬自体やレースが開催される競馬場のデータなどを総合的に考える方もいるでしょう。さらにライトな競馬ファンの方であれば、一番見た目が好きな馬や、名前が気に入った馬の馬券を買うこともあると思います。

 このように競馬予想の方法には様々なものがあり、決してどれが正解でどれが不正解であるというようなことはありません。各々が自分の思う方法で勝利するだろうという馬や、勝利して欲しいと願う馬を決めます。そんな競馬予想をしている時間こそが、競馬をより楽しむという意味で、全体の半分ほどを占めているのではないかと私は思うのです。

 もちろん実際にレースが始まって、それを観戦することも非常に楽しいことです。私も迫力があるレースを観戦し終わった直後は、心地のよい高揚感を覚えています。しかし、ただ漠然とレースを眺めているよりも、念を入れて予想を行ったレースを見ているときの方が楽しいというのもまた事実です。今よりもさらに競馬を楽しむために、これからも熱く競馬予想をしていこうと考えています。

SNSでもご購読できます。