コンピュータを活用して競馬予想する人も

ある程度の知識がある人でも競馬予想が上手く行かないのはハンデがあるからでしょう。競馬でのハンデは距離では無くて、重さです。騎手自身の体重や、その他馬が身につける物の重さの合計を重くしたり軽くするという訳です。もし、それが無ければ予想はずっと簡単な物になるでしょう。前のレースのタイムを見て、その速い順にしておけば良いだけになるからです。

プロでも難しいのですから、それを素人がやろうとするのは無理な話です。基本的には出来ないと考えても間違いではないでしょう。儲けようとして競馬をしている人には残念なお知らせですが、そうではなく、単なる趣味としてやっているだけなら別に予想が当たろうがハズレようが関係ないかと思いますけどね。楽しみにしているドラマの次回がどうなるかを予想するのと同じで、別にハズレたからと言って困る訳ではありません。あぁだこうだと考えを巡らせる事自体が楽しいのです。

その様な現状がある訳ですが、コンピュータを活用して競馬予想をする人達も現れている様です。人間が無理なのだとしたら機械にやらせてしまおうという発想な訳です。別の分野ではありますが、天気予報なんかではコンピュータの方が人間よりもずっと正確に予想ができるようです。だから競馬も同じ様に…とはいかないと思いますが、一つの可能性としてやり続ける価値があるのではという気もしています。

今はまだ思った程の成果は残せていないのですが、それはそうでしょう。初めから上手く行けば苦労はしません。天気予報だって最初は人間がやった方がずっと正確にできるという評価だったと思います。そのような時期を乗り越える事によって結果は出せるものなのです。ただ、的中率が上がってしまうと、その結果を外部に漏らさない様にする動きが起きるかもしれません。自分達だけが競馬予想の結果を知っていた方が儲かりやすいですからね。実は既にそのシステムが完成しているという可能性も無い訳ではないでしょう。

SNSでもご購読できます。