何故馬がギャンブルの対象になったか

なんで競馬という競技が生まれたのかを考えると不思議ですよね。元々はビジネスとしてこれが誕生したんだと思います。宝くじとか、そういう類のものですよね。もし的中したら儲かるかもしれませんよという訳です。でも、それならそこで走らせるのが馬である必然性がないと思うのです。

カメでも豚でも何でもいいのではないでしょうか。それなのにあえて馬が選ばれているのはどうしてなのか。それを考えると、やはりカッコイイからの様な気がします。他の動物の場合は可愛いですけど、大の大人の男性には似合わない感じですよね。競馬場で豚が走っている姿を真剣な眼差しで見つめるというのは、どうにも格好良くありません。そういう人というのは表面的な凄さみたいな物を求めますから、カワイイ系の動物では駄目だったのでしょう。

他には人が乗れるというのが大きかったのだと思います。他の動物で人が乗れる物は多くありません。そして、手綱や鞭を使用すれば、ある程度のコントロールが可能なのも大きかったのでしょう。動物だけに任せると運の要素が強くなり過ぎますが、人が上に乗る事によって、それを幾らか緩和する事ができる様になります。このように見てみると、競馬が普及したのにはそれなりの理由があると言えそうです。

ただ、馬ばかりが走っているのも見ていて面白くありませんから、これからは色々な動物をレースに参加させてみるのも良さそうです。普通に競争させたら話になりませんから、当然ハンデをつけてという事になります。カメはゴール手前の5メートルくらいからスタートさせると良さそうですね。横一線のいい勝負ができそうです。

この提案が実現するかはさておいて、なんで皆さんあれ程にも競馬にはまるんでしょうかね。周りの人とのお付き合いの都合以外の理由でやっている純粋に馬が好きな人はそんなにいない様な気がするのです。まぁどんな理由で競馬をやろうが、その人の自由だとは思いますけどね。

SNSでもご購読できます。