パソコンでデータ化して予想する

競馬予想で重要になってくるのは前走の結果です。思いがけず良い結果になると人気が高まるのですが、それとは逆に、騎手のミスなどによって予想よりも低い順位となってしまったレースがあると、次のレースの人気が下がる傾向にあります。しかし、本来その馬が持っているポテンシャルが高いのであれば、前走がどうであれ高い順位を予想することが可能です。このあたりの本来の馬の本質を見極める競馬予想が求められるのです。

最近は、競馬予想の本も非常に多く出版されているのですが、これらの本に掲載されている有名人の競馬予想の通りに馬券を買い続けたとしても、プラスに転じる可能性は非常に低いのです。つまり、人間が予想した競馬予想は、馬に対する印象が濃ければ高い序よう予想し、前走の結果が思わしくなかったり、今ひとつ印象に残らないときにはマイナスの要素が入ってしまいます。

その名状況に有るため、人間の考えた順位ではなく、これまでの成績を全てデータ化しパソコンで集約することが大事です。天候や馬の気質、騎手との相性など様々な要素を考慮に入れていけば、予想を的中させる確率は高まるのです。このあたりを駆使して万馬券を的中させる人もいるのですが、その確率は相当に低いものになることから、誰でもできる事ではないのです。

実際に、馬券を購入してその配当金によって生活をしている人がいます。その様な人は、新聞の情報に迷わされずに自分独自の考え方を持っている人です。情報を分析し、最適な結果にできるだけ近づけるようにより多くの手段で情報を集めていくのです。このような地道な努力を継続して行けば、予想と結果が近くなってくるのです。ここで注目するのは騎手のテクニックです。騎手が変わることによって競馬の順位が大きく変動することは知られていますが、より上位に入賞する騎手が乗った馬は、順位が上昇する傾向にあります。つまり、体重が同じ騎手であっても、ムチ入れのタイミングの違い等によって馬の本来の能力を引き出すことができるのです。

SNSでもご購読できます。