巷の競馬予想は本当に信頼できるのか?

世の中には様々な怪しい職業が存在しますが、競馬予想というのも怪しい分類に入るものではないでしょうか。昔ながらのイメージでは、場外馬券場などで声をかけてくる怪しいおじさんといったものですが、最近ではインターネットなどで競馬予想を行うサイトも登場するなど、そのイメージも大きく変化しています。

しかし、いくらイメージが変わっても実際に行われていることはさほど変化していません。単純にどの馬が速いのかを予想するというものですが、ギャンブルというイメージや怪しいというイメージがどうしても払拭出来ないので、こうしたサイトにも最初から不信感を抱いて見る方も多いでしょう。特に有料制のサイトには詐欺やインチキといったレッテルを最初から貼ってしまうので、中々公平な目で見ることは出来ませんが、中には当然優れた競馬予想も存在します。こうしたサイトや雑誌にはプロの予想師の方が在席していることが多いですが、素人の判断出来ない馬のコンディションや天候や足場などかなり細かな点まで計算して優劣を決定しています。

もちろんレースは水物なので、どれほど細かく分析しても予想通りにならないのは競馬ファンならずともわかっていることですが、競馬はある程度統計的な考えが出来るギャンブルなので、長期的にこうした予想を見る必要があります。こうした予想を長期的に利用した上で勝ち越せるのならば、当然貴方にとって有益な情報源ということになりますし、もしどれだけ信用しても損しかしないのならば、貴方にとって有益どころか有害な情報になります。そうした情報にお金を払うのは馬鹿らしいことは言うまでもありませんが、もし貴方が一人で予想するよりも精度の高いものであれば、それだけで有益なものになります。もちろん勝ち越せるということが前提になりますが、オッズや掛け金の割合などレースが複雑になる中、素人判断ではなくプロの予想師の情報を使い、文字通り勝ち馬に乗るというもの有効な手立てかも知れません。

SNSでもご購読できます。