わたしの競馬予想スタイルについて

 競馬を始めて以来、すでに20年近くがたちました。わたしが競馬をはじめてからも新たな馬券が発売開始されています。馬単、三連複、三連単、WIN5。もちろん自分自身にマッチした馬券ががみなあるはずなのですがわたしももちろん同じです。しかし、こうした予想スタイルが確立するにはいろいろな経緯があります。また、これからも競馬予想を行うにあたってはスタイルも変わっていくかもしれません。

 わたしが競馬予想で重視する項目についてはあまり偏りはなく、トータルでの予想を行うことにしています。一時期はスピード指数に傾倒したり、血統に傾倒したりしましたが今はオーソドックスなスタイルに落ち着きました。わたしの競馬予想にはルーティンがあります。まず月曜に競馬専門誌を購入して馬体診断や出走予定馬をチェックします。そこから自分なりに注目すべき競走馬を見つけます。もちろん前日、前々日に出走した競走馬の成績や関係者のコメントもチェックして次走に注目すべききです。

 次のターニングポイントは水曜、木曜です。いわゆる追い切りの映像が競馬専門チャンネルで流れますので競馬専門誌を片手に調子が良さそうな競走馬をさらにピックアップするわけです。そして待ちに待った金曜日、自分がお気に入りの競馬新聞を購入して競馬予想の本番です。月曜から積み重ねてきた自分なりの注目馬、そして予想紙がピックアップしている注目馬とてらしあわせてチェックしていきます。

 もちろん、すべてのレースを予想するのがわたしの方針なのでかなりの時間を要します。さらに当日。競馬場にいくときもあれば、テレビの有料チャンネルで自宅観戦の場合もあります。いずれにせよ、パトックをチェック、返し馬もすべて見た上で最終的な馬券予想に入ります。これがわたしの競馬予想のルーティンになります。もちろんこれをこなすにはかなりの時間が必要になります。しかし、これほど奥深いものはなく、飽くなき追求とはまさに競馬にあると思うわけです。

SNSでもご購読できます。